入れ歯の種類 | 大阪市西淀川区の精密義歯・入れ歯相談室 谷歯科クリニック

大阪市西淀川区姫島4-10-26 TICSビル1F

トップ > 入れ歯の種類

入れ歯の種類

オーダーメイドの精密義歯(ハイドロキャストシステム)

ハイドロキャストシステムによる精密義歯とは、ぴったり合う入れ歯を完成させるために全身の機能をみながら、まず治療用義歯(パイロットデンチャー)を製作します。
入れ歯を作る方法はいく通りもありますが、ハイドロキャストシステムは、歯科医師が経験と勘に基づいてつくる入れ歯ではなく、保険診療による効率優先の入れ歯作りとも全く異なります。

患者さんの要望を十分に聞き、インフォームドコンセント(説明と同意)を絶えず行いながら顎や口腔内の治療を十分に行い、この世にたった一つしかないオーダーメイドの入れ歯を作り上げていくシステムなのです。

患者さんひとりひとりの性格や全身の健康状態を把握しながら、治療用義歯を使ったリハビリトレーニングによって全身機能と口腔機能を改善し、その人に合った咬合状態を作り上げたのちにぴったりと合う入れ歯-形態と機能が合致したオーダーメイドの入れ歯を完成させていきます。

入れ歯(精密義歯)の費用

種類 材質 費用(税別)/床
総義歯 レジン床(プラスチック) 40万/床
チタン床 60万/床
金床 80万/床

コンフォート

ソフトプレートデンチャ

硬い入れ歯の裏側を生体用シリコーンという安全なやわらかいクッションで覆う、全く新しい技術です。
生体用シリコーンの弾力が、入れ歯でグッと噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、驚くほどの吸着力を発揮。
「痛い・噛めない・外れやすい」といった従来の入れ歯の悩みを解消するとともに歯ぐきをやさしく守ります。
現在使用している義歯を加工することができます。

コンフォートの費用

15万~/床(加工代)
25万~/床(新調の場合)

プラスチック床の長所・短所

長所
  • 金属床より軽量である。(一部の金属床を除く)
  • 加工が調整しやすい
  • 比較的安価
短所
  • 変形しやすい
  • 金属床に比べると壊れやすい(破折しやすい)
  • 熱の伝導性が悪く、丈夫さを補うためにどうしても熱くなるので、より熱を伝えにくい

金属床の長所・短所

長所
  • 金属は丈夫なので薄く作ることができ、そのため口の中がせまくならない
  • 変形しにくい
  • 食べ物の温かさや冷たさを感じやすく、おいしさを味わうことができる
短所
  • プラスチックより調整がむずかしい
  • 金属味を感じることもある
  • 高価

磁性アタッチメント義歯

磁性アタッチメント義歯

残っている土台の歯に磁石と相性のいい金属を取り付け、入れ歯には小型の強力な磁石を付けます。
磁石により固定され脱着がスムーズに行えます。残っている土台の歯にも優しい義歯です。

シンプルな構造なので、お手入れも容易にできます。

設置には土台となる歯が必要ですが、歯の根がある場合や「インプラント」により設置が可能な場合もありますので、ご相談ください。

磁性アタッチメント義歯の費用

40万~/床

ノンクラスプ義歯、フレキサイト(スマートデンチャー)

スマートデンチャー
スマートデンチャー

バネの部分に金属を使用しないため、見た目に優れていて、パッと見ただけでは入れ歯をつけていると分からないほどです。
床の部分に柔軟性のある改良型特殊樹脂を使用した入れ歯で、違和感の少ない装着感が得られます。

ノンクラスプ義歯、フレキサイト(スマートデンチャー)の費用

10万~/床

お問合わせ